【酒場とお酒が重要な役割を果たす名作映画…『カサブランカ』】

映画史上に残る名作ランキングで、必ず上位に来る名作の一つに、『カサブランカ』という作品が有ります。
『カサブランカ』は、酒場が主な舞台なのですが、
これほど、酒場とお酒が重要な舞台となる映画は、なかなか無いかもしれません。
『カサブランカ』は1942年製作のアメリカ映画で、公開当時は、アメリカによる、数多くの反ナチスのプログラム・ピクチャーの一つに過ぎませんでしたが、
その、あまりの出来栄えにより、いつしか、歴史的な名作映画の一つと称されるようになります。
舞台は、第二次世界大戦の真っ只中、フランス領のモロッコの都市・カサブランカ。
当時はナチス・ドイツの全盛期で、ドイツはフランスを占領下に置き、カサブランカもまた、ナチスが我が物顔で占拠していました。

ハンフリー・ボガート演じる主人公・リックは、アメリカ人で、今ではカサブランカで酒場を経営しています。
その酒場へ、かつてナチスの占領間際のパリで別れた、リックの元恋人・イルザ(イングリッド・バーグマン)が、
今の夫を伴い、偶然にも、現れます。
イルザは、反ナチスの闘士と結婚していたのですが、かつて愛していた女性と、思わぬ形で再会したリックは、動揺します。
ちなみに、リックがイルザと幸せに過ごしていた頃、二人でお酒を飲む時に、リックが言っていた言葉、
それこそが、あの映画史上に残る名台詞である、「君の瞳に乾杯」でした。
リックは、「星の数ほど酒場は有るのに、何故、彼女は俺の店に来た…」と、頭を抱えます。
また、イルザも、本当はリックとは別れたくありませんでしたが、ナチスによるパリ占領のドサクサで、リックと別れざるを得ず、
また、反ナチスの闘争のため、今の夫と結婚していた事が、明らかとなります。
その後、イルザの夫がナチスに追われる身となったり、イルザも、リックへの思いが蘇り、二人の男性の間で揺れ動いたりと、波乱万丈の展開が続きますが、
この映画は、ストーリーの面白さもさる事ながら、酒場の雰囲気や、登場人物達の台詞が、どれも凄く粋で、とにかくカッコイイのです。

「君の瞳に乾杯」なんていう、キザな台詞も、この映画なら有りと思えてしまいます。
という事で、酒場がよく似合う名作『カサブランカ』は、見て損の無い映画だと思いますので、是非とも、ご覧になって頂きたいと思います。

【糖質制限ダイエットについて】

糖質制限ダイエットとは、血糖値を上げ、太りやすい元となる、糖質が含まれる食品を摂る事を控え、普段の食事から、体質改善をし、
太りにくく痩せやすい身体を作る事により、ダイエットを目指すという方法です。
糖質制限ダイエットは、その名の通り、糖質を制限しながらダイエットを行う、という事なのですが、この糖質制限ダイエットの大きな特徴というのは、
面倒なカロリー計算や、無理な食事制限をするのではなく、NGとされるメニュー以外は、好きな食品は何でも食べて良い、という点に有ります。
つまり、ダイエットしても、なかなか長続きしないという方にとって、とてもハードルが低いので、そういう方にも、比較的、挑戦しやすいという利点が有ります。
この、糖質制限ダイエットにおける、NG食品というのは、米・小麦、イモ類、根菜類(にんじん、ごぼう、レンコン、たまねぎ等は要注意)、豆類(大豆はOK)、果物(バナナは糖質を多く含 むNG食品、リンゴ・ビワ・さ くらんぼ・いちごなどを少量摂る分にはOK)、などとなっていますが、要するに、炭水化物など、糖質の多い主食類をカットして行こう、というのが主眼となっています。

しかし、これ以外の食品であれば、肉だろうと魚だろうと、何を食べてもOK、という事になります。
そして、食事は抜いたりする必要も無く、3食、食べてもOKです。
ただし、それぞれの食事は、腹八分目程度を心がけ、空腹を感じていない時の食事は、NGになります。
という事で、糖質制限ダイエットの概要について、ざっとご紹介して来ましたが、いかがでしょうか?

比較的、ハードルは低めですし、ダイエットに挑戦してみたいけど、なかなか続かないという方には、とてもお勧めの内容だと思いますし、
まずは、ご検討してみると良いかと思います。

東京都の看護師募集、勤務先予想

東京都の看護師募集は、年々求人数が増加しています。なぜかと言えば、もちろん人手が足りないか らです。新卒は多いのですが、病院数も人口も多いので、手が回らないのですね。そして仕事がきついから、辞めていく人も増加するという悪循環。そのため、いつだって人が欲しい病院は、ナース専門の登録サイトなどにもけっこう登録しています。
ちなみに私の友人は、東京都の看護師募集情報は、この登録サイトで手に入れたと言っていました。夫の転勤に伴い、茨城県から引っ越しすることになった時に使ったのですって。コーディネーターさんとの相性が良かったためか、精一杯働きたいという意志があったためか、勤め先はすぐに見つかったそうです。ただ、転勤前もそこそこ大きなところに勤めていたけれど、比べ物にならないくらい忙しく、このままではいつまで体がもつか……とため息をつい ていましたね。東京都の看護師募集案件に応募するには、本当に、戦いを挑むくらいの覚悟が必要なのかもしれません。
ただ、今後は病院勤務よりも、在宅看護師の募集が増えていくのではないか、という意見もあるそうですよ。入院するほど体調が悪いわけではなく、しかし通院するのは大変というお年寄りが増えていくと予想されているからです。そうなると、東京都の看護師募集案件は、きっと働く場所が変わってくることでしょう。ひとりで作業することが増え、長く現場を離れた人には、もしかしたらハードルが高くなるかもしれませんね。

【WBC優勝秘話…高城コーチが味わった勝利の美酒とは?】

来年(2017年)3月、
第3回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が開催されますが、
日本は、前回(第3回)大会こそ、ベスト4で敗退してしまいましたが、
第1~2回のWBCで連覇を果たしています。
この、第1~2回での日本の連覇は、
まさに、日本中を熱狂の渦に巻き込んだ事は、記憶に新しいところです。
中でも、決勝戦の韓国戦で、
イチロー選手が、延長10回に決勝タイムリーを打った場面は、
それこそ、日本中は熱狂と興奮の坩堝になりました。
その第2回大会で、
三塁ベースコーチとして、チームを支えたのが、
高城延博コーチでした。
高城コーチは、相手チームの分析なども行い、
日本チームの戦略の要となりましたが、
彼が、後に出版した手記によると、
大会期間中は、物凄いプレッシャーを感じていたそうです。
それこそ、普段は好きなお酒も、
大会期間中は、殆んど飲めなかったのだとか。
それだけに、日本が優勝を果たした時は、
全てのプレッシャーから解放され、本当にホッとしたそうです。
そして、日本の優勝を祝うシャンパン・ファイトでは、
高城コーチも、選手達と共に、
心行くまで、勝利の美酒を味わいました。
本当に、この時のシャンパン・ファイトは、
高城コーチにとっても、忘れられない思い出となった事でしょう。
このシャンパン・ファイトは、
私もテレビで見ていたのですが、日本チームの喜びようは、本当に印象的でした。
中でも、普段はクールなイチロー選手の弾けっぷりを見ると、
みんな、想像を絶するプレッシャーと戦っていたのだと、改めて思いました。
高城コーチの手記には、
もう一つ、お酒にまつわる、とても印象的な場面が有ります。
全てを終えて、日本へと凱旋する飛行機の機内で、
高城コーチは、シャンパンを注文し、
高度1万メートルで、一人、しみじみと勝利の美酒を味わったと言います。
この時の勝利の美酒には、万感の思いが有ったと、手記にも書かれていましたが、
生涯でも、それほど素晴らしいお酒とは、そうそう味わえるものではないだろうなと思い、
私も、読んでいて強く印象に残ったものです。
そして、そんな美味しいお酒を、一度でも味わってみたいなと思いました。
やはり、お酒というのは、
どんな時に、どんな思いで飲むのかが、とても大切だなと、私は思います。

ロマネコンティ社がつくるDRC グラン・エシェゾーってどんなお酒??

ワインの通販ならおまかせ>>> グラン・エシェゾー 通販の価格、当たり年、最安値段ガイド集
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

【息子とお酒を酌み交わすのが、親父の夢!?】
父親にとって、自分の息子が成人し、
その息子とお酒を酌み交わす、というのは、
人生における、一つの夢と言っても良いかもしれません。
男にとっては、大袈裟に言えば、人生における、目標の一つとも言えるかと思います。
ところで、
コメディアンの志村けんが、
平凡なサラリーマンのおじさんを演じ、
サラリーマンの悲哀を描いている、
『となりのシムラ』という、NHKで不定期に放送されている、コント番組が有ります。
志村けんといえば、「変なおじさん」や「バカ殿」に代表されるように、
何かのキャラクターの扮装をして、ギャグやコントをやる、というのが得意技になっていますが、
『となりのシムラ』では、
志村けんは、そのような扮装は一切封印し、
ごく普通のサラリーマンの男が主人公で、
そんな男の日常生活を描いているのですが、
例えば、スタバでコーヒーの注文の仕方がわからないとか、
娘に邪険にされるとか、
そういった、おじさんの悲哀を、
ユーモアとペーソスを交えて描き、
人気を集めています。
その『となりのシムラ』で、
とても印象的な場面が有りました。
志村けん演じる男が、
自分の息子を居酒屋に呼び出し、
息子が、二十歳を迎えた記念に、
一緒にお酒を酌み交わそうというのです。
ところが、
息子の方は、そんな父親の気持ちなど、どこ吹く風といった体で、
「二十歳になった、最初のお酒は、彼女と酌み交わしたい」などと言うのです。
それを聞いた、志村演じる父親は激怒し、
「俺は、お前が二十歳になったら、最初に酒を酌み交わすのが夢だったんだぞ!」と、その怒りを息子にぶつけます。
「そんなの、親父の勝手な思い込みだろ!俺は、彼女と最初に飲みたいんだよ!」と、息子も言い返し、
お互いの意見は、平行線のままです。
やがて、志村はがっくりと肩を落とし、
「わかった、お前がそこまで言うなら、仕方が無い」と、折れる事になります。
結局、息子はノンアルコールビールを注文し、
志村と乾杯するのですが、
志村は、息子がちょっと目を離した隙に、
自分のビールと、息子のノンアルコールビールを入れ替えて、まんまと息子にお酒を飲ませる事に成功する、というオチが付きましたが、
それだけ、父親というものは、
息子とお酒を飲みたいものなんだなという事が伝わってくる、名作コントだったなあと、強く印象に残っています。