作成者別アーカイブ: yuuga

どこまで生きる?シャトー・ラフィット・ロートシルト

医師転職情報満載サイト>>> 地域のドクターバンクはこちら
医師が教える転職と医療求人募集の探し方!

シャトー・ラフィット・ロートシルトは、1855年のメドックの格付けで、グランクリュ第1級の中の1位となって以降 ずっと、ワイン界に君臨し続けています。
それを私はただ単に「すごいなあ」と思っていたのですが、ある日ふと、気付いたのです。1855年は日本史でいえば、ペリーが浦賀にやって来てから二年後のこと。
つまり多くの日本人はまだ、着物で生活をしていていました。ちなみに江戸末期のこの年、安政の大地震が起こります。
そんな頃に、シャトー・ラフィット・ロートシルトは、パリ万博にて、世界のなかで素晴らしいものと評価されたのです。
万博のボルドーワイン格付け云々と言われても、ぴんと来なかったけれど、日本史に当てはめてみると、そこからの時代の長さがすごいと実感できました。
だって江戸時代って、私にとっては、もうまるで遠い過去ですもの。
ただもともと、このシャトー・ラ フィット・ロートシルトを寵愛していたのは、フランス国王ルイ15世の寵姫、ポンパドール夫人と言われていますので、
江戸時代とか、ペリーが来航した時期、ぐらいで驚いていては仕方がないのですけれどね。
でもこうして考えてみると、このワインがいかに長い歴史を生き抜き、人々に愛され続けているかがよくわかります。
今は共和国となったフランスが、王政だった頃。超大国として世界をけん引していた頃。
そんな時を知っているシャトー・ラフィット・ロートシルトは、今後も永遠不滅なのかもしれない……なんて、思ってしまいますよ。

青年のイメージ崩さぬDRCラターシュ

DRCラターシュ、この名を聞くと私は、瑞々しく深い紫色を帯びたブドウ 、ピノ・ノワールを思いだします。いかにも爽やかで、生命の息吹が閉じ込められたかのような麗しい果実、あれからならば、あのように価値のあるワインが生まれても、不思議はないと思えるのです。
もちろん、ブドウだけがあれば、美味しいワインが作れるわけではありません。ロマネコンティの歴史や、ワインにかける熱意、それを信頼し尊敬する人々が、DRCラターシュを支えてきたのは、確かです。だってそうでなければ、ただひとつのシャトーが作り上げるワインが、こんなに世界に広がって、さらに人気を得ることなど、ありえませんもの。今のようにインターネットで各国が繋がる前から、DRCラターシュはワイン愛好家の間で、確かな立場を確立していたのです。
そう考えるとこの ワインは、まるで古来から脈々と血筋が繋がってきた良家の息子さんのようなイメージをもちますね。ただロマネコンティというシャトーは、歴史的に厳しい時代を乗り越えてきていますから、良家の箱入り息子ではなく、戦う紳士、あるいは騎士のような印象でしょうか。
いつでも若々しく生き生きとしたワイン、それがDRCラターシュです。彼――イメージからあえてそう書きますが――彼は今後もずっと、私たちに、自由と若さ、そしてそれにともなう精神的な喜びを与えてくれるでしょう。もちろん、のどを潤し味覚を満足もさせてくれますけれどね。

【レミーマルタン ルイ13世について】

パーソナルトレーニング探しならおまかせ>>>神奈川県と横浜のマンツーマンジムはどこが良いかわかるページ
博士が教えるサプリメント選びと通販!

レミーマルタン ルイ13世というワインを、ご存知でしょうか?
レミーマルタン ルイ13世という名前からして、いかにも由緒と伝統有るワインであるという事が伝わって来ますが、
レミーマルタン 13世は、フランスを代表するワインの銘柄の一つとして、とても有名です。

レミーマルタン ルイ13世が誕生したのは1874年、19世紀の後半ですが、ルイ13世の世は、17世紀の前半であり、
アレクサンドル・デュマが書いた『三銃士』でも、ルイ13世は、お馴染みの国王です。
つまり、フランス国王のルイ13世と、ワインのレミーマルタン ルイ13世が誕生した時代とは、かなり隔たりが有るという事になりますが、
では、何故レミーマルタン ルイ13世という名前が付いているのかというと、レミーマルタン社が、コニャック地方でワイン作りを始めた1620年頃、
時のフランス国王・ルイ13世が、レミーマルタン社が作るワイン作りを大いに奨励し、同社が興隆するキッカケになった、という故事に敬意を表し、
1874年、レミーマルタン社が満を持して送り出した、新たなワインの名称に、レミーマルタン ルイ13世という名前を付けたとの事です。

レミーマルタン ルイ13世は、グランド・シャンパーニュ地方の、特級畑の中でも、最も優れた葡萄だけが用いられる高級ワインですが、
その誕生以来、贅沢で芳醇な味わいは、高く評価され、世界中のセレブからも愛される一級品のワインとして、今日でも、多くの人に愛されています。
また、レミーマルタン ルイ13世は、クリスタルガラスの独創的なデザインのボトルに入っていますが、
そのボトルには、それぞれにシリアルナンバーが打たれ、レミーマルタン ルイ13世を所有する事により、
世界でただ一つのレミーマルタン ルイ13世のオーナーになる事が出来るというのも、魅力の一つです。

【ジャパニーズウイスキーはどれが人気?】

サントリー 山崎12年シングルモルトウイスキーの価格を見る>>> サントリー 山崎12年シングルモルトウイスキー 通販の価格、最安値段サイト集
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

2014~2015年にかけて放送された、NHKの連続テレビ小説『マッサン』は、
ニッカウイスキーの創業者・竹鶴政孝と、妻のリタという夫婦の生涯を描き、大変な人気を博しました。
『マッサン』の大人気により、
改めて、ジャパニーズウイスキーに注目が集まりました。

では、ジャパニーズウイスキーはどれが人気なのかというと、
やはり、ニッカウイスキーやサントリーの製品が、市場で圧倒的なシェアを占めています。

ジャパニーズウイスキーはどれが人気なのか、具体的な製品について、ご紹介したいと思いますが、
その前に、ジャパニーズウイスキーの特徴について挙げるとすれば、そもそも、ジャパニーズウイスキーの歴史は、先に述べた竹鶴政孝が、
ウイスキーの本場であるスコットランドに渡り、スコットランドのウイスキー(スコッチウイスキー)の技法を学んだ後、それを日本に持ち帰った事から始まっているので、
原材料の大麦の麦芽(モルト)を発酵させ、単式蒸留釜と呼ばれる装置で蒸留し、作られるモルトウイスキーの技法が、
スコッチウイスキーと同様、ジャパニーズウイスキーでも主流となって行きました。
そのジャパニーズウイスキーはどれが人気かと言えば、例えば、サントリーの「山崎 シングルモルトウイスキー」や、
ニッカウイスキーの「竹鶴・ピュアモルト・ニッカウイスキー」、サントリーの「響」、ニッカウイスキーの「ブラックニッカ クリア」などの銘柄が、人気ランキングの上位を占めているようです。

このように、ジャパニーズウイスキーはどれが人気かと言えば、ニッカウイスキーと、
ニッカウイスキーと切磋琢磨しながらジャパニーズウイスキーを作り上げて来たサントリーの製品が根強い人気を誇ります。
今後も、この二社はジャパニーズウイスキーを牽引する存在であり続ける事でしょう。

ボシュロムナチュレールで知った女性の美意識

ボシュロムナチュレールの格安サイトを見る>>> ボシュロム ナチュレール 通販の価格、激安、最安値段サイト集
眼科医が教えるコンタクトレンズ選びと通販!

その日、久しぶりに友人の顔を見て、私は「何かが違う」と思いました。しかし、その何かがわかりません。
体型、すなわち輪郭は記憶の通り、お化粧だって驚くほどのインパクトはなかったからです。
髪型はちょっと変わったけれど、違和感があるというのは違います。彼女は不思議そうにしている私を見て、しばらくにやにやしていましたが、 やっと答えを教えてくれました。
「カラコンしてるの。ボシュロムナチュレール」
彼女は視力が良く、裸眼で生活をしています。そこにカラーコンタクトをつけるだけで、こんなにも雰囲気が変わるのですね。びっくりしました。
その後帰宅して、妹に聞いてみると、お洒落な子たちは、服を着替えるように当たり前に、カラコンをしているのだそうです。
ボシュロムナチュレールという名前を出してみると「それ友達に使ってる子いるよ」と教えてくれました。
目が大きく見えて着け心地もいいので、評価が高いのですって。
カラコン業界にも、人気ってあるのですね。少し興味が出たので、ボシュロムナチュレールについて調べてみました。
わかったのは、カラーは二種類、ピュアブラックとエレガン トブラウンがあり、トライアルを実施しているところもあるとのことです。
皆、お店で試して買うのかしら。女性はこうして手間暇とお金をかけて、綺麗になっていくのですね。
私も女性ですが、その熱意には脱帽です。
ボシュロムナチュレールのおかげで、新たな知識を得ることができ、ちょっと勉強になりました。