カテゴリー別アーカイブ: 未分類

【シャトー・オー・ブリオンについて】

ワイン好き必見サイト>>>シャトー・ムートン・ロートシルト の当たり年・価格の一覧へ
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

シャトー・オー・ブリオンは、フランスのボルドー・ワインの一つですが、
ボルドーの「5大シャトー」の一つであり、長い歴史と伝統のあるワインです。

シャトー・オー・ブリオンの歴史は、15世紀にまで遡る事が出来ますが、
シャトー・オー・ブリオンが、いかにして、今日の地位を築き上げたのかというと、そこには様々な経緯が有ります。

まず、1855年のメドックの格付けで、シャトー・オー・ブリオンは、グラーブ地区から選ばれ、1級という栄誉を与えられましたが、
1級のワインは、ボルドー・メドック地区から選ばれるという慣例を破り、シャトー・オー・ブリオンのみ、例外として、他の地区から1級に選出されました。
これは、その時にシャトー・オー・ブリオンが、既に高い名声を博していたという事を意味しています。

また、権勢を誇っていたナポレオンが失脚し、没落した後に、時のフランス外相・タレーランが、
ウィーン会議で各国代表でシャトー・オー・ブリオンをふるまった所、大評判となり、フランスへの敵対感情が和らいだ、という逸話も有ります。

このように、フランスの歴史を彩って来たシャトー・オー・ブリオンですが、
1935年には、アメリカの銀行家・ディロン家に所有権が移っています。
そして、今もなおシャトー・オー・ブリオンは、ボルドー・ワインの名品として、世界中から愛されているのです。

【ペトリュスについて】

コンタクトレンズを通販で買う>>>バイオトゥルーワンデー の最安値サイトを知る
眼科医が教えるコンタクトレンズ選びと通販!

ペトリュス(シャトー・ペトリュスとも称しますが、今回はペトリュスとしてご紹介致します)とは、ロマネコンティと並ぶ、フランス産ワインを代表する銘柄のワインです。
ロマネコンティが、フランスのブルゴーニュ地方で作られるのに対し、ペトリュスは、ボルドー地方で作られるのですが、
冷涼なブルゴーニュ地方で作られるロマネコンティと、ボルドー地方のドリュドーニュ川の右岸の粘土質系の土壌で作られるペトリュスとは、当然の事ながら、その味わいが違って来ます。

ペトリュスは、単一品種ではないのですが、ロマネコンティは、エレガントでありながら、芯もあり美しい後味なのに対して、
ペトリュスの味わいは、爽やかでフレッシュでありながらも、濃厚さや奥行きがあり、余韻も長いのが特徴であると言えるでしょう。
また、ロマネコンティが、昔ながらの伝統的な製法、所謂、バイオダイナミクスという名前ですが、
月の満ち欠けなどによって変化させる超オーガニック農法で、畑を耕すのにも馬を使い、有機肥料以外は一切使わないという製法にこだわっているのに対し、
ペトリュスも、畑造りにはこだわってはいますが、前述のように、粘土が露出している独特の土壌をしているため、
この土壌を活かした、近代的な方法で管理された畑で栽培が行われているのが特徴です。

例えば、グリーンハーベストという、夏場に行うブドウの房周りの適葉が有名でしょう。
このように、ペトリュスはロマネコンティと切磋琢磨しながら、フランスワインの双璧として、その名を世界に轟かせています。

どこまで生きる?シャトー・ラフィット・ロートシルト

医師転職情報満載サイト>>> 地域のドクターバンクはこちら
医師が教える転職と医療求人募集の探し方!

シャトー・ラフィット・ロートシルトは、1855年のメドックの格付けで、グランクリュ第1級の中の1位となって以降 ずっと、ワイン界に君臨し続けています。
それを私はただ単に「すごいなあ」と思っていたのですが、ある日ふと、気付いたのです。1855年は日本史でいえば、ペリーが浦賀にやって来てから二年後のこと。
つまり多くの日本人はまだ、着物で生活をしていていました。ちなみに江戸末期のこの年、安政の大地震が起こります。
そんな頃に、シャトー・ラフィット・ロートシルトは、パリ万博にて、世界のなかで素晴らしいものと評価されたのです。
万博のボルドーワイン格付け云々と言われても、ぴんと来なかったけれど、日本史に当てはめてみると、そこからの時代の長さがすごいと実感できました。
だって江戸時代って、私にとっては、もうまるで遠い過去ですもの。
ただもともと、このシャトー・ラ フィット・ロートシルトを寵愛していたのは、フランス国王ルイ15世の寵姫、ポンパドール夫人と言われていますので、
江戸時代とか、ペリーが来航した時期、ぐらいで驚いていては仕方がないのですけれどね。
でもこうして考えてみると、このワインがいかに長い歴史を生き抜き、人々に愛され続けているかがよくわかります。
今は共和国となったフランスが、王政だった頃。超大国として世界をけん引していた頃。
そんな時を知っているシャトー・ラフィット・ロートシルトは、今後も永遠不滅なのかもしれない……なんて、思ってしまいますよ。

青年のイメージ崩さぬDRCラターシュ

DRCラターシュ、この名を聞くと私は、瑞々しく深い紫色を帯びたブドウ 、ピノ・ノワールを思いだします。いかにも爽やかで、生命の息吹が閉じ込められたかのような麗しい果実、あれからならば、あのように価値のあるワインが生まれても、不思議はないと思えるのです。
もちろん、ブドウだけがあれば、美味しいワインが作れるわけではありません。ロマネコンティの歴史や、ワインにかける熱意、それを信頼し尊敬する人々が、DRCラターシュを支えてきたのは、確かです。だってそうでなければ、ただひとつのシャトーが作り上げるワインが、こんなに世界に広がって、さらに人気を得ることなど、ありえませんもの。今のようにインターネットで各国が繋がる前から、DRCラターシュはワイン愛好家の間で、確かな立場を確立していたのです。
そう考えるとこの ワインは、まるで古来から脈々と血筋が繋がってきた良家の息子さんのようなイメージをもちますね。ただロマネコンティというシャトーは、歴史的に厳しい時代を乗り越えてきていますから、良家の箱入り息子ではなく、戦う紳士、あるいは騎士のような印象でしょうか。
いつでも若々しく生き生きとしたワイン、それがDRCラターシュです。彼――イメージからあえてそう書きますが――彼は今後もずっと、私たちに、自由と若さ、そしてそれにともなう精神的な喜びを与えてくれるでしょう。もちろん、のどを潤し味覚を満足もさせてくれますけれどね。

【レミーマルタン ルイ13世について】

パーソナルトレーニング探しならおまかせ>>>神奈川県と横浜のマンツーマンジムはどこが良いかわかるページ
博士が教えるサプリメント選びと通販!

レミーマルタン ルイ13世というワインを、ご存知でしょうか?
レミーマルタン ルイ13世という名前からして、いかにも由緒と伝統有るワインであるという事が伝わって来ますが、
レミーマルタン 13世は、フランスを代表するワインの銘柄の一つとして、とても有名です。

レミーマルタン ルイ13世が誕生したのは1874年、19世紀の後半ですが、ルイ13世の世は、17世紀の前半であり、
アレクサンドル・デュマが書いた『三銃士』でも、ルイ13世は、お馴染みの国王です。
つまり、フランス国王のルイ13世と、ワインのレミーマルタン ルイ13世が誕生した時代とは、かなり隔たりが有るという事になりますが、
では、何故レミーマルタン ルイ13世という名前が付いているのかというと、レミーマルタン社が、コニャック地方でワイン作りを始めた1620年頃、
時のフランス国王・ルイ13世が、レミーマルタン社が作るワイン作りを大いに奨励し、同社が興隆するキッカケになった、という故事に敬意を表し、
1874年、レミーマルタン社が満を持して送り出した、新たなワインの名称に、レミーマルタン ルイ13世という名前を付けたとの事です。

レミーマルタン ルイ13世は、グランド・シャンパーニュ地方の、特級畑の中でも、最も優れた葡萄だけが用いられる高級ワインですが、
その誕生以来、贅沢で芳醇な味わいは、高く評価され、世界中のセレブからも愛される一級品のワインとして、今日でも、多くの人に愛されています。
また、レミーマルタン ルイ13世は、クリスタルガラスの独創的なデザインのボトルに入っていますが、
そのボトルには、それぞれにシリアルナンバーが打たれ、レミーマルタン ルイ13世を所有する事により、
世界でただ一つのレミーマルタン ルイ13世のオーナーになる事が出来るというのも、魅力の一つです。