カテゴリー別アーカイブ: ワイン、通販

ワイングッズさまざま

ワイングッズと聞いて思いつくのは、オープナーくらいでした。しかしワイングラス専用のスポンジがあるのですね。聞いて驚いています。細長い形をしているので、ワイングラスに手を入れなくても底まできれいに洗うことができるのだとか。ワイングラスを常用する方には、さぞ便利なことでしょう。

……と思っていたら、ワイングラス専用のブラシというものもありました。専用の磨きクロスなどというものもあるようです。

我が家はワインを常飲しませんからこれらのワイングッズは必要ないのですが、これだけのものが売られているということは、それだけワインが日本でメジャーになっているということですよね。大型スーパーの売り場には、ずらりと様々な瓶が並んでいますから、当然といえば当然かもしれません。

ほかにもワインを冷やすワインクーラーや、ワインを持ち運ぶ専用のワイントートバックなど、ワイングッズはたくさんあります。もっと大型ならば、ワインセラーもそうですね。ワインに詳しい人に、今更何を言っているのだろうと言われてしまいそうですが。

その他聞き慣れないものもありました。デキャンタとか、初耳です。なんでもワインを移し替えるためのガラス製の容器のようなのですが……ワインと空気を触れさせて熟成を早くさせると説明にはありました。

ワインもワイングッズも私には決して近いものではないので、その奥の深さにドキドキしてしまいます。スーパーで買ったものを飲みきるのがせいぜいの私です。

アマゾン直販のワイン販売

最近ワインをネットで購入しようとしたら、アマゾンが直販でワインを販売し始めたことを知りました。今までアマゾンで扱っていたワインは委託販売の物が多く、注文すると三日間から一週間程の時間がかかっていました。やはり購入しようとしたらすぐに届く方が嬉しいので、興味を惹かれ色々と見てみました。すると、さすがはアマゾンと言うべきか、非常に良い品ぞろえになっていました。
従来販売していたワインと違い、定価よりも安くで購入できる点。お急ぎ便を使えば二日程度で届く点。これらは非常に魅力的な点だと思います。販売しているのはギフト向けの上等ワインや、コンビニで買えるワインを少し安くにしたセットなど多種多様です。扱っているワインも豊富で、赤、白、スパークリングワインなども合わせると2,000種類近くが販売されています。
ワインは専門の通販サイトもあったり、楽天などでも安く購入することは可能です。その中でアマゾン直販を選ぶ理由としては、検索のしやすさなどが挙げられます。分類分けの検索が簡単にでき、自分の欲しいワインをすぐに見つけられる。これらはやはりアマゾンの強みだなと感じられます。すぐに検索し、欲しい物がすぐに見つけられるのでストレスを溜めることなく購入することができます。
普通のワインは辛かったり渋かったりで飲めないという人向けのスパークリングワインが充実しているのも良かったです。軽めのパーティ用などに必要な物がすぐに探せました。今度ワインを購入しようという方は是非アマゾンを見てみてください。

ワインの格付けについて

何となく注文して飲めるビールなどと違い、ワインにはご立派にも格付けという物が存在します。フランス、イタリア、ドイツではワインの格付けがしっかりとされているため、今後ワインを購入する際に注目してみるとそれがどの程度の価値があるワインなのかが判ると思います。ただし、この格付けで高いワイン、ひいては値段の張るワインを購入すれば確実に美味しい、というわけではありません。
格付けには様々な規定があり、原産地による格付けや生産方法などで格付けが変わるため、必ずしも美味しいワインという訳ではありません。ご自分で飲む際は気に入ったワインを探して飲むのが一番だと思います。
逆に、ワイン通でこだわりを持っている人にプレゼントをする際などには、格付けを気にしたり、相手が普段飲んでいるワインに注目すればより良い物を選び、喜んでもらえる可能性が大きくなります。ここではそんなワインの格付けの中で一番高い物を紹介していきます。
まずはフランスの格付けについて。フランスワインの格付けで最も高いものはAOCです。AOCは最も厳しい基準をクリアーしたワインで、値段も相応に高い物が多くなります。アマゾンなどの通販サイトで購入する際にも木箱に入っている物などもありますね。
次にイタリアですが、DOCGという格付けが最も高く、最上級の品質を誇る地域で生産されたワインだけがこの格付けを与えられます。
最後にドイツです。ドイツはQmPという格付けがあるのですが、ここからさらにブドウの熟成具合でランク付けが行われるなど非常に厳しい規定があります。
ワインの格付けは確実に美味しい、というわけではありません。どちらかと言うとブランドの証明書に近いかもしれません。ご自分の気に入ったワインにこのような格付けがあれば、次からのワイン探しに役立ててみてください。

ワインと炭酸ジュースの組み合わせ

ワインは酸味や渋みが強くて飲めないという方でも美味しく飲める方法を紹介いたします。ワインと炭酸ジュースを組み合わせたワインカクテルは数多く存在しています。これらは市販の物だけで簡単に作れますし、色合いも綺麗なので見た目もとても良いです。カクテルであればワインが苦手な方でも美味しく飲むことが出来ます。
まずはコーラを使用したワインカクテルの作り方です。すごく簡単に、赤ワインとコーラを一対一で入れてください。これだけでカリモーチョというカクテルの出来上がりです。グラスに拘ったり、ちょっとフルーツを付けてみても良いかもしれませんね。
次にジンジャエール。これも同様に一対一でワインと入れるだけで立派なカクテルになります。分量を調整したり、ジンジャエールの種類を変えれば甘さの調整もできるので自分の好みのカクテルを作ることができます。と、このように炭酸ジュースとワインを一対一で入れるだけでとても美味しいカクテルに早変わりできます。
カクテルはスーパーなどで普通に売っている物もあります。キリンやアサヒなど、アルコール類を扱っているメーカーであれば大体が販売しています。ですが、そういった商品は少し高い物が多いです。それよりも、自分でお気に入りのカクテルを作った方が見栄えも良く、量も調整できるので好きな量を飲むことが出来ます。どれも簡単に作れるカクテルばかりですので、家にワインがある方は一度試してみてください。軽く飲めるのでとてもおすすめです。

ブルゴーニュワイン、当たりハズレ

ブルゴーニュワインをご存知でしょうか。
ワイン通の方なら勿論知っていることかと思いますが、ブルゴーニュワインほど選ぶのが難しいワインはありません。
美味しい物は本当に美味しいのに、ハズレを買ってしまうとガッカリする味だったりします。
そんな、ワインの中でも曲者なブルゴーニュワインについてちょっと書いていこうと思います。

ブルゴーニュワインは名の通り、ブルゴーニュ地方で生産されています。
そのブルゴーニュワインの何が難しいワインなのかというと、同じ名前のワインを多くの生産者が作っているという点です。同じワインと言えど、値段も違えば味も全く違う。
有名な名前だからまずハズレはないという考えが通用しないので、何も知らずに買うと失敗したりする可能性が出てきます。

ブルゴーニュワインには格付けや当たりハズレもあるため、、一概にどれがオススメということが言えません。
店頭に行って買うのも良いのですが、勿論通販でも買うことができます。ただ、その際は勿論注意が必要になります。アマゾンなどで買うにしても、価格コムなどで総合的に調べるにしても値段と味がマッチしているとは限りませんし、高い物でもハズレがあるかもしれません。

ですので、多少金額が高くなることも承知でしっかりとしたワイン専門サイトなどで購入することをオススメします。
ブルゴーニュワイン、ボルドーワインの専門店であるピノワール・オンラインというサイトはとても良い物を仕入れてくれているので金銭的に余裕があり、ブルゴーニュワインを試してみたいという方はこちらのサイトで購入を検討してみると良いかもしれません。