月別アーカイブ: 2015年7月

ロマネコンティってすごいお酒?

ロマネコンティのすべてがわかるサイト>>> ロマネコンティ9種類 通販の価格、当たり年、最安値段ガイド集
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

雲の上より上の存在、ロマネコンティ当たり年
たとえば、スーパーで買う清涼飲料水に当たりもはずれもありません。毎年毎日同じ味、そしてほとんど変わらない価格。しかしワイン、それもロマネコンティともなれば話はまったく違います。
ロマネコンティ当たり年は何年か、それはインターネットで検索すれば、すぐに画面上に現れることでしょう。私などは当たり年もそれ以外も飲んだことはありませんから、なにがそんなに違うのかと思ってしまいますが、簡単に言ってしまえばブドウの出来ばえですよね。今年のはちょっとうまくできてないから、ほかの畑から違うのを持ってきて混ぜようか。あのワインは当然、そんなことをしてつくるものではありません。だから、ロマネコンティ当たり年がいつか、などという話題も出てしまうのです。
ちなみにもともとの価格でもとんでもないものですから、当たり年ともなればなおさらです。ワイングラス一杯で一万円札が何枚飛んでしまうかというレベル、少なくとも私にとっては雲の上以上、はるか遠くに位置する飲み物です。
しかしロマネコンティ当たり年があれば、当然いまいちな年もあります。調べるとその年も出ているのですが、やはりどちらにも該当していない年が一番多いですね。ロマネコンティにしては、ごく一般レベルということなのでしょうか。昔からの製法にこだわり、よいブドウがとれないときは、出荷数をかなり絞っているこのワイン。ロマネコンティ当たり年……は無理としても、せめて他の年代を見ることくらいはしてみたいものです。

ワインのテーマパークとワイン祭

フランスのボジョレーに、ワインのテーマパーク『ル・アモー・デュ・ヴァン』というものがあるそうです。ワインに関するいろいろなことが詰まっていて、遊んだり勉強したり、もちろん飲んだり、子供も大人も、一日中楽しめるそうです。ボージョレ・ヌーボーで財をなした方が作られたそうなのですが……すごいですね。

写真を見ると、まさにテーマパークといったカラフルでかわいらしいエントランス……なのかな、という場所から、不思議な機械のような物が並ぶ場所、そして豪華なレストランまで、様々なシーンが楽しめるようです。

楽しそう、ぜひ行ってみたい! と思ったところで、これはフランスだ、と冷静になりました。ちょっと遊びに行ける場所でも距離でもありません。しかしこんなワイン専門のテーマパークができるなんて、まさにワインは、フランス国民に愛されている飲み物なんですね。

秋にはフランス各地で、ワイン祭が行われるようです。それは収穫祭だったり、愛好家が集まるイベントだったりといろいろ。フランスと言えばワインの認識は、あながち間違いでもないようです。

ワインを購入するためにネットをしていたはずなのに、いつの間にか画面は、ブドウ畑やお祭りの写真になっていました。フランス語がまったく読めないのでイメージだけしかわかりませんが、すごく盛り上がっている印象は受けます。

ちなみに最大のお祭りは、ブルゴーニュ最大のワイン祭り『栄光の三日間』なのだとか。すごい名前……だけど、行ってみたいです。