月別アーカイブ: 2016年2月

シャトー・ラフィット・ロートシルトについて知りたい方、必見サイト!!

必見サイト>>> シャトー・ラフィット・ロートシルト 通販の価格、当たり年、最安値段ガイド集
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

シャトー・ラフィット・ロートシルトについて
シャトー・ラフィット・ロートシルトは、
フランス・メドック地区の、
ポーイヤック村という場所に有る、シャトーの名称です。
大きく分けると、シャトー・ラフィット・ロートシルトは、ボルドー・ワインの一種なのですが、
もう少し、細かく分類すると、
ボルドー・ワインの、赤ワインの一種です。
ところで、
シャトー・ラフィット・ロートシルトの、「ロートシルト」って、
何かちょっと、変わっていて、面白い響きだと思いませんか?
そして、「ロートシルト」という名前は、
このワインについてでしか、聞いた事が無い、という方も、沢山居るかと思います。
しかし、この「ロートシルト」とは、
実は、ある有名な財閥の名前の、ドイツ語での読み方なのです。
その財閥の名前とは、かの「ロスチャイルド」!
その名前を聞けば、誰もが、「ああ、ロスチャイルドね」と、その名を聞いた事が有るでしょう。
つまり、シャトー・ラフィット・ロートシルトとは、
かのロスチャイルド家が、19世紀以来、
その所有権を持っており、
ロスチャイルド家がオーナーになってから、
シャトー・ラフィット・ロートシルトという名称になった、という事だそうです。
ちなみに、このワインは、
フランスでも、最も歴史と伝統が有るワインの一つであり、
ルイ15世の愛人で、
フランスの政治や、国際政治の舞台にも、隠然たる力を発揮した、
ポンパドゥール夫人も愛好したワインとして、つとに有名だったそうです。
その当時は、ラフィットという農園で作られており、
「王のワイン」という名で、知られていました。
その後も、「王のワイン」は、
シャトー・ラフィット・ロートシルトという名称になってからも、
ボルドー・ワインの中でも、最高級に位置付けられるワインとして、
今日でも、その地位を保っているのです。