月別アーカイブ: 2018年1月

【レミーマルタン ルイ13世について】

パーソナルトレーニング探しならおまかせ>>>神奈川県と横浜のマンツーマンジムはどこが良いかわかるページ
博士が教えるサプリメント選びと通販!

レミーマルタン ルイ13世というワインを、ご存知でしょうか?
レミーマルタン ルイ13世という名前からして、いかにも由緒と伝統有るワインであるという事が伝わって来ますが、
レミーマルタン 13世は、フランスを代表するワインの銘柄の一つとして、とても有名です。

レミーマルタン ルイ13世が誕生したのは1874年、19世紀の後半ですが、ルイ13世の世は、17世紀の前半であり、
アレクサンドル・デュマが書いた『三銃士』でも、ルイ13世は、お馴染みの国王です。
つまり、フランス国王のルイ13世と、ワインのレミーマルタン ルイ13世が誕生した時代とは、かなり隔たりが有るという事になりますが、
では、何故レミーマルタン ルイ13世という名前が付いているのかというと、レミーマルタン社が、コニャック地方でワイン作りを始めた1620年頃、
時のフランス国王・ルイ13世が、レミーマルタン社が作るワイン作りを大いに奨励し、同社が興隆するキッカケになった、という故事に敬意を表し、
1874年、レミーマルタン社が満を持して送り出した、新たなワインの名称に、レミーマルタン ルイ13世という名前を付けたとの事です。

レミーマルタン ルイ13世は、グランド・シャンパーニュ地方の、特級畑の中でも、最も優れた葡萄だけが用いられる高級ワインですが、
その誕生以来、贅沢で芳醇な味わいは、高く評価され、世界中のセレブからも愛される一級品のワインとして、今日でも、多くの人に愛されています。
また、レミーマルタン ルイ13世は、クリスタルガラスの独創的なデザインのボトルに入っていますが、
そのボトルには、それぞれにシリアルナンバーが打たれ、レミーマルタン ルイ13世を所有する事により、
世界でただ一つのレミーマルタン ルイ13世のオーナーになる事が出来るというのも、魅力の一つです。