月別アーカイブ: 2018年7月

【シャトー・オー・ブリオンについて】

ワイン好き必見サイト>>>シャトー・ムートン・ロートシルト の当たり年・価格の一覧へ
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

シャトー・オー・ブリオンは、フランスのボルドー・ワインの一つですが、
ボルドーの「5大シャトー」の一つであり、長い歴史と伝統のあるワインです。

シャトー・オー・ブリオンの歴史は、15世紀にまで遡る事が出来ますが、
シャトー・オー・ブリオンが、いかにして、今日の地位を築き上げたのかというと、そこには様々な経緯が有ります。

まず、1855年のメドックの格付けで、シャトー・オー・ブリオンは、グラーブ地区から選ばれ、1級という栄誉を与えられましたが、
1級のワインは、ボルドー・メドック地区から選ばれるという慣例を破り、シャトー・オー・ブリオンのみ、例外として、他の地区から1級に選出されました。
これは、その時にシャトー・オー・ブリオンが、既に高い名声を博していたという事を意味しています。

また、権勢を誇っていたナポレオンが失脚し、没落した後に、時のフランス外相・タレーランが、
ウィーン会議で各国代表でシャトー・オー・ブリオンをふるまった所、大評判となり、フランスへの敵対感情が和らいだ、という逸話も有ります。

このように、フランスの歴史を彩って来たシャトー・オー・ブリオンですが、
1935年には、アメリカの銀行家・ディロン家に所有権が移っています。
そして、今もなおシャトー・オー・ブリオンは、ボルドー・ワインの名品として、世界中から愛されているのです。