ドイツでワインと親しむ

 ワインと言えばフランスと思いがちですが、それだけでもないことは周知の事実。たとえば、ドイツでは、白ワインの生産が盛んです。その理由について深く考えたことはなかったのですが、どうやら、厳しい気候条件のせいみたいですね。日本の北海道くらいの緯度と言いますから、確かにかなり寒いでしょう。そのため、畑は河川の近くにあることが多いそうです。気温差によって川から発生する霧が、ぶどうを守ってくれるんですって。美味しいワインを作るために、よく考えられているのですね。
 そんな寒いドイツでは、グリューワインが親しまれています。ワインと香辛料をあたためて作る、ホットカクテルの一種です。体が温まって風邪予防にも効果があるのだとか。あと、赤ワインケーキというものもあるらしいです。
 これは、その名通り、赤ワインを使ったケーキです。日本でも洋酒の入ったお菓子がありますよね。ふわっとお酒が薫るというイメージは、あんな感じに近いのかもしれません。美味しそう! とは思いますが、一般家庭で子のためにワインを開けるのは少々勿体ないので、残った時などに作ってみるといいでしょう。……と書いておきながら、私は実食経験はないのです。友人が作ってくれた時の写メールを自慢げに送ってきただけなので、作り方もわかりません。今度作ってもらいたいところです。
 他にも、お肉のソースに使ったり煮込みに使ったり。フランスだけではなく、ドイツとワインも、切り離せない関係にあるのですね。

2010 当たり年 オーパス・ワン をお得に購入する方法教えます!!

お得なお酒のサイト集>>> 2010 当たり年 オーパス・ワン 通販の価格、最安値段サイト集
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

【2010 オーパス・ワンについて】
オーパス・ワンといえば、
カリフォルニア・ワインを代表する銘柄であり、
カリフォルニア・ワインの代名詞とも言うべき存在です。
オーパス・ワンとは、
「作品番号1番」というような意味になりますが、
まさに、オーパス・ワンは、カリフォルニア・ワインが生み出した、芸術作品と言っても良いかと思います。
そんなオーパス・ワンの中でも、
近年、最も当たり年と言われているのが、
2010年のオーパス・ワンです。
元々、カリフォルニアは雨も少なく、
気候も安定しているので、
比較的、当たり外れが少ないワインなのですが、
そんな中でも、2010年のオーパス・ワンは、
群を抜いて、当たり年であるという評価が下されています。
では、2010年のオーパス・ワンが、
何故そんなに評価が高いのかというと、
まず、2010年のカリフォルニアのブドウの作柄は、
「傑出」と評されるほど、大変良い出来栄えだった、という事が挙げられます。
その、2010年のオーパス・ワンの、見た目やお味はどうかというと、
「ガーネット色で、ブルーベリーの香りや、舌触りが素晴らしく、長い余韻がある」
と評されていて、ワイン好きの間でも、
その味わいは、大変、高く評価がされているようです。
そして、その2010年のオーパス・ワンの飲み頃は2013年~2033年頃という事で、
今、まさに飲み頃を迎えているワインだと言えるでしょう。
ちなみに、
2010年のオーパス・ワン小売価格は39,000円で、
国際オー クション価格は、36,000円前後で、推移しているとの事です。
そして、2010年のオーパス・ワンと比べると、
2011年のオーパス・ワンは、カリフォルニアの天候不順もあり、出来としては今一つ、という声も有るのだとか。
オーパス・ワンを選ぶ際は、その点も、注意しておくと良いかもしれません。

【ファミリーレストランのワインについて】

皆さんは、ファミリーレストランで、
ワインを注文した事が、有るでしょうか?
ファミリーレストラン(以下、ファミレス)のワインというのは、
大体、赤ワインと白ワインの二種類が、メニューとして有り、
値段は、どんなに高くても、
ボトルで1000円行かないほどですが、
たかがファミレスのワインだと思う事なかれ、
私も、注文して飲んでみた事が有りますが、
なかなか美味しいなと思った記憶が有ります。
ファミレスのワインは、
良心的な値段で、普段はワインには縁の無いような人達に、ワインという物を提供する、
貴重な場だという事が、言えるかと思います。
一例を上げると、ファミレスの中のファミレス、とも言うべき存在である、ジョナサンのワインは、
赤ワインが、カベルネ・ソーヴィニヨン、
白ワインが、シャルドネで、
どちらも、値段はボトルで800円ほどですが、
味も、なかなかのものでした。
ちなみに、ファミレスのワインの中では、
サイゼリヤのワインも、結構美味しいと思いますので、お勧めです。
このように、値段も良心的で、
しかも飲みやすいというのが、
ファミレスのワインの特徴ですが、
何よりも、気軽に注文する事が出来るというのが、
ファミレスのワインの良いところだと思います。
ファミレスのワインがキッカケで、
ワイン好きになった、という方も、多いのではないでしょうか。
以上、述べて来た通り、
ワインは、あまり飲んだ事が無いという方は、
まずは、ファミレスのワインから入ってみるのも、良いでしょう。
そして、ファミレスのワインを入り口として、
奥深い、ワインの世界に入って行ければ良いのではないかと、私は思います。

シード ワンデーピュアうるおいプラス ってどうしてそんなに売れているの??

コンタクトレンズ通販サイト>>> シード ワンデーピュアうるおいプラス 通販の価格、激安、最安値段サイト集
眼科医が教えるコンタクトレンズ選びと通販!

初めてのSeedワンデーピュア
コンタクトレンズはワンデータイプが一番いいとはよく言われます。理由はひとつ、清潔安全だからです。そもそも目に何かを入れる行為は、体にとっては害があるもの。それならなるべく負担のかからないものがいいですよね。
……ということで、私は初めてのコンタクトレンズとして、Seedワンデーピュアを選んでみました。朝から夜までちゃんと潤うといううたい文句もいいですよね。私は眼科で涙の量がちょっと少ないと言われたので、そこはとても大切だと思いました。それとSeedワンデーピュアは、しっかり酸素も通してくれるんですよ。UVカットもついていますし、不安要素はひとつもありません。しかしそこまでならば、ほかのコンタクトレンズもそうだと言われてしまいますね。私が何より気に入ったのは、ちょっと変わった判断かもしれませんが、Seedワンデーピュアが日本製ということです。外国批判ではないですよ。ただ、コンタクトに関わらず何にしても、つい国産を選んでしまうのです。これはもはや、私の癖みたいなものでしょうか。でも食べ物とかならば、そういう人は案外多いのではないかと思います。
そして初体験のSeedワンデーピュアですが、さすがにコンタクトの装着自体が初めてなので、最初は「裸眼とは違うぞ」と思いました。まあもとが何も異物を入れていない目ですから、それは当然ですよね。でもその感覚に慣れてしまうと、あとは痛みもありませんでしたし、こんなものかなという感じでしたね。とりあえず、コンタクトデビューは無事に終了しました。

【ワインに合う料理について】

ワインを美味しく飲むためには、

ワインに合った料理と一緒に、ワインを味わうという事が、
とても大事だと思います。

どんなに美味しいワインでも、
そのワインとは合わない料理と一緒に、味わってしまうと、
その美味しさが半減してしまう、
という事にも、なりかねません。

それぐらい、ワインと料理の相性というのは、
ワインを美味しく味わうためには、とても重要な要素である、
という事が言えるかと思われます。

では、ワインには、どんな料理が合うのでしょうか?

まず、重要なポイントとして、

「同じ地方で生まれたワインと料理は、相性が良い」

という事が、挙げられます。

例えば、生ハムを載せた、ニョッコフリット(薄い揚げパン)という、
イタリアの郷土料理は、
ランブルスコ・デル・クアレジーモという、イタリア産のワインと、
抜群に相性が良いとか、

そういった例は、沢山有ります。

やはり、同じ地方で生まれ育ったワインと、その地方の郷土料理は、
とてもよく合う、という事でしょう。

それと、フランス産のワインには、
フランスパンを食しながらですと、
その味の良さが、大変よくわかってくる、
という事も、ワイン好きの間では、よく知られた話なのです。

ちなみに、ワインと料理を、交互に味わう際には、
まず初めに、ワインだけを飲み、

それ以後は、食べる、飲む、という順番を繰り返して行くと、
より一層、ワインの味の良さが、味わえるようになります。

その際に、口直し用の水も用意しておくと、
更に良いかと思います。

という事で、ワインをより一層、美味しく味わうために、
料理との相性を考える、という事を意識して、
貴方も、ワイン通への第一歩を、踏み出してみては、いかがでしょうか?